ペット 横浜 犬 BuddyDogspace
ペット・犬・横浜・都筑 バディドッグ
TOP TOP
hr
TOP 犬の幼稚園犬の幼稚園
hr
TOP トリミングトリミング
hr
TOP ペットホテルペットホテル
hr
TOP しつけの壺しつけの壺
hr
TOP フードの壺フードの壺
hr
TOP 健康の壺 健康の壺 
hr
TOP 過去記事 1過去記事 1
hr
TOP 過去記事 2過去記事 2
hr
TOP 過去記事 3過去記事 3
hr
TOP 過去記事4過去記事4
hr
TOP 過去記事5過去記事5
hr
TOP 過去記事6過去記事6
hr
TOP 救える命救える命
hr
TOP 愛語・独言愛語・独言
hr
TOP 場所・散歩道場所・散歩道
hr
TOP google mapgoogle map
hr
TOP publishpublish
hr
TOP お客様の声お客様の声
space
space
■TOP > 場所・散歩道
こんにちは ゲスト さん ログイン
 
犬同士のご挨拶はさせた方がいいの?!






お散歩中には、飼主同士がお互いに軽く会釈をするなどのご挨拶をしますよね?

その時、犬にもご挨拶させてあげたくなりますが、犬には相性があり、

安易に近づけるとトラブルに発展することもありますので、

犬同士は必ずしもご挨拶をさせる必要はありません。

声をかけられることが迷惑な飼主もいます。

しつけができていない犬、極端に臆病な犬、体格差など、

コミュニケーションが難しい場合もあります。

犬同士の相性はいろいろ?!

大型犬なのに小さな犬が苦手! 

小型犬なのに大きな犬が大好き!など、

大きさや種類にまったく関係なく、いろんな性格の犬がいます。

他犬種にはあまり興味を示さないのに、同犬種には興味があるとか。


犬も人間と同じで、その犬と仲良くできるかどうかは、相手犬との相性による部分が大きいと思われます。

相手犬に対して、不必要に怖がったり、威嚇して吠えたりする犬もいますが、

社会経験が少ないなど、犬同士の付き合い方がわからないだけという場合もよくあります。

犬同士の交流を苦手としているようなら、なにがその原因なのかをよく観察してください。

もし単に経験不足であれば、他の犬と近づくときは無理をせず、ゆっくり外の環境に慣れさせていくといいですね。

よく知らない犬に近づくときは?

愛犬の行動を観察していくと、この犬とは仲良くなれる?といった予測ができます。

知らない犬に近づく場合は、「近づいても大丈夫ですか?」と、先に飼主に聞くようにした方が安全です。

相手犬がおとなしそうに見えても、相性によってはケンカに発展することもありますので、注意が必要です。

愛犬の嫌いなタイプが近づいてきたら?!

お散歩中、苦手なタイプの犬が近づいてきたら、どう対処すればいいでしょう?

その犬がまだ遠くにいるなら、こちらがお散歩コースを変えるだけでOK

回避不可の場合には、犬を座らせ、やりすごすのが賢明です。

すれ違うだけで相手犬に吠えたり、威嚇する態度をとってしまうなら、しつけが不十分と言えます。

その場合、これまでのしつけを見直す必要があるかもしれません。

逆に、相手犬が積極的にこちらに近づくようなそぶりを見せた場合には、

「ごめんなさい、苦手なんです」と 飼主に伝えるようにします。

園長は「ごめんなさい、咬みますよ」と伝えています。

お散歩コースが重なるということは、ご近所さんということです。

相手を不愉快にさせない気遣いができれば、次からはお互い気持ちよくすれ違うことができることでしょう。

小さい犬にとって、大型犬は脅威!?

体が小さい犬にとって、大型犬の存在はそれだけで脅威です。

大型犬がやさしい性格でも、「体が大きい=恐怖」なんです。

お散歩のとき、大型犬を連れた飼主の方から近づいてこられることがありますが、

「怖がりなんでスミマセン」といってその場を離れるしかありません。

大型犬の飼主さんは、気軽な気持ちかもしれませんが、そのたびにお断りをしなければなりませんし、

愛犬にも恐怖感を味あわせるようなことになってしまいます。

もちろん、大きな犬が平気な小型犬もいます。

そういった犬は、自分の方からガンガン近づいていきます。

大型犬の飼主は、積極的に近づいてきた犬とだけ交流をするようにして、

自分からは小型犬に近づくのを控える方が安心といえます。

ただそうは言っても、飼主同士のご挨拶などはしていきたいものです。

犬同士をどうやってご挨拶させる?!

犬のご挨拶は、まず鼻先を近づけてクンクンクン・・・。

その後、お尻のニオイをクンクンクン・・・。

ご挨拶がきちんとできる犬同士なら、 きっと仲良くなれるはずです。

そっと近づけて、徐々に仲良くさせていくようにしましょう。

もし上手にできなくても、無理はさせないでくださいね。

少しずつ慣らしていけばそれで十分です。

園長は散歩中に他の犬との接触は回避します。

相手犬の健康状態や寄生虫の問題が判断できないから

散歩での社会性よりも愛犬の健康管理が重要だと思っています。

【犬幼稚園 Buddy Dog】

愛犬は我々の生活の重要なファクターとして、身近な存在となっています。

しかし、社会性不足のため問題行動犬も多数、それを解決するための犬幼稚園!!

“人と愛犬の幸せなライフスタイルを提案”する犬幼稚園 Buddy Dog


1    2    3    4    5    6    7    8    9    10     次に・・

1.犬幼稚園 Buddy Dogの場所
2.園長がお薦めする安全で楽しい散歩道
3.死に至る危険なOSANPO
4.散歩やあそびを無駄にしない
5.デジタル地図
6.お散歩にもマナーがある
7.犬のノーリードが大問題!憩いの場所が荒らされる!?
8.犬を散歩させる目的、考えたことがありますか?
9.あなたは散歩のマナー守れてますか?
10.犬同士のご挨拶はさせた方がいいの?!
11.他の犬にオヤツを与えると嫌われるってホント?
12.あなたは犬を散歩させていい人?ダメな人?
13.毎日のお散歩だからこそ、犬のしつけを考えよう!
14.犬のフン放置の問題点とは?
15.犬をお買い物に付き合わせない
16.お散歩バッグ
space
Copyright © 2019 Buddy Dog's Society All Rights reserved.PowerdBy 簡単ホームページ作成:WIN-HP