ペット 横浜 犬 BuddyDogspace
ペット・犬・横浜・都筑 バディドッグ
TOP TOP
hr
TOP 犬の幼稚園犬の幼稚園
hr
TOP トリミングトリミング
hr
TOP ペットホテルペットホテル
hr
TOP しつけの壺しつけの壺
hr
TOP フードの壺フードの壺
hr
TOP 健康の壺 健康の壺 
hr
TOP 過去記事 1過去記事 1
hr
TOP 過去記事 2過去記事 2
hr
TOP 過去記事 3過去記事 3
hr
TOP 過去記事4過去記事4
hr
TOP 過去記事5過去記事5
hr
TOP 過去記事6過去記事6
hr
TOP 救える命救える命
hr
TOP 愛語・独言愛語・独言
hr
TOP 場所・散歩道場所・散歩道
hr
TOP publishpublish
hr
TOP お客様の声お客様の声
space


Loveともに生きる仲間たちへ・・・クリック、犬幼稚園Buddy Dogでショッピングをすると無料で募金できます。あなたのいつものインターネット利用で救える命があります。ご協力をお願いします。犬幼稚園 Buddy Dog 園長 大田 述介




111園長の疑問 04/08 (2008/04/08 )
最近の幼稚園をご利用いただいているおともだち。幼稚園の所在地、都筑区のおともだちではないのです。鎌倉市、蕨市、世田谷区、江東区、川崎市などの市外市内でも南区、旭区、鶴見区、保土ヶ谷区、緑区、青葉区などのおともだちの利用頻度が高いのです。園長は区行政の動物適正飼育懇談会などで無料しつけ教室、小学校へのふれあい教室、エチケットウォーク、パレードに参画し地域に根付いた活動をしているのですが.......・・・詳細を見る
112園長 1978にタイムスリップ? 04/08 (2008/04/08 )
雪がとけて川になって 流れて行きます。.........「キャンディーズ解散30周年記念イベント」が04/041978年4月4日、17:17 園長は後楽園球場にいたのです。04/05 大学の入学式に出席して平成20年度の入学式にあたり、学長として皆さんに一言ご挨拶申し上げます。まずもって、皆さんにはご入学おめでとうございますと申し上げますと共に、皆さんの入学を心から歓迎するものであります。 また、・・・詳細を見る
113どうなってるの? (2008/01/29 )
3日前に「フードの安全性試験は止め!!」という記事の後電話やメール・来園などでフードの問い合わせがあります。その多くはフードを販売している人もしくはそれらしき人からの問い合わせなのです。今、愛犬に○○と△△と□□のフードを与えているのですがどうなんでしょうか?といった内容から何度か応えていると○商社は△メーカーはこう言っていますがと出てきます。こういった商社は消費者にわかるかな?「ショップの方です・・・詳細を見る
114ご挨拶 (2006/06/28 )
犬好きというあなたへ。犬との共生は私たちの暮らしに大きな幸せをもたらしてくれます。このサイトでは、そんな犬のいる暮らしをさらに充実した素晴らしいものにするために、できる限り多くの情報とアドバイスを提供し、一歩進んだ飼い主になることを目指してみなさんと一緒に考えていきたいと思います。私がここで提供したいことは次の3つ。(1)犬との楽しい暮らし犬がもたらす生活の潤い、犬との旅行、犬グッズ、犬関連イベン・・・詳細を見る
115鳥インフルエンザ (2006/01/20 )
中国で6人目の死者(毎日新聞) (19日13時35分) 四川農村部の女性が感染死(サーチナ・中国情報局) (19日9時38分) 鳥インフルの疑い、少女死亡=トルコ(時事通信) (19日7時1分) モスクワG8、為替でなく原油・鳥インフルエンザが主要議題に=渡辺財務官(ロイター) (19日6時58分) 鳥インフルエンザ、中国で6人目の死者(読売新聞) (19日3時8分) <鳥インフルエンザ>中国での・・・詳細を見る
116日本でアフラトキシン汚染は? (2006/01/09 )
日本でも食品のアフラトキシン汚染が起こるのでしょうか。 カビ毒が作られるには、それぞれに適した温度、湿度が必要なんだそうです。 アフラトキシンが作られる最適条件は、温度30℃前後、湿度95%以上であるため、高温多湿の熱帯地方が最も適していることになります。 また、土壌中のカビを調査した結果、アフラトキシンを作るカビは、日本にはあまり分布していないことが分かりました。これらのことから、日本国内で、食・・・詳細を見る
117カビ毒(アフラトキシン)とは? (2006/01/08 )
アフラトキシンは、昭和35年に英国で10万羽以上の七面鳥が死亡した中毒(七面鳥X病)事件の原因物質として、飼料に使用されていたブラジル産のピーナッツミールから発見されました。この毒素を作ったカビであるAspergillus flavus(アスペルギルス フラバス)のトキシン(毒)という意味から、アフラトキシンと命名されました。その後、アフラトキシンには10種類以上あることが分りました。そのうち毒性・・・詳細を見る
118米国のドッグフードで犬大量死 (2006/01/06 )
米国のドッグフードで犬大量死・発がん物質混入 MSNニュース () CNN co.jp (2005/12/31) U.S.FDA (2005/12/30) Cornel Univ.(2006/1/6) 《以下引用》 米国東部を中心にカビに含まれる発がん物質アフラトキシン入りのドッグフードを食べたイヌが死亡する例が相次いでいる。コーネル大の研究者はウェブサイトで、過去数週間で少なくとも100匹が犠牲・・・詳細を見る
前に・・ 11    12    
space
Copyright © 2019 Buddy Dog's Society All Rights reserved.PowerdBy 簡単ホームページ作成:WIN-HP