ペット 横浜 犬 BuddyDogspace
ペット・犬・横浜・都筑 バディドッグ
TOP TOP
hr
TOP 犬の幼稚園犬の幼稚園
hr
TOP トリミングトリミング
hr
TOP ペットホテルペットホテル
hr
TOP しつけの壺しつけの壺
hr
TOP フードの壺フードの壺
hr
TOP 健康の壺 健康の壺 
hr
TOP 過去記事 1過去記事 1
hr
TOP 過去記事 2過去記事 2
hr
TOP 過去記事 3過去記事 3
hr
TOP 過去記事4過去記事4
hr
TOP 過去記事5過去記事5
hr
TOP 過去記事6過去記事6
hr
TOP 救える命救える命
hr
TOP 愛語・独言愛語・独言
hr
TOP 場所・散歩道場所・散歩道
hr
TOP publishpublish
hr
TOP お客様の声お客様の声
space
ペットの悲劇 悲劇の連鎖 ( 2010/01/16 )


Animal protection

Love

なぜ繰り返される ペットの悲劇

※この記事は、NHKのドキュメンタリー番組『追跡!AtoZ』第28回(1月9日放送)内容の概要を園長が再構成。

虐待を受けた猫。飼育放棄だけでなく、虐待に手を染める悪意ある飼い主もいる。

捨てられたペットの保護活動を続けてきた静岡県の女性は、猫を引き取りたいという男にとんでもない目にあわされたという。

譲り渡した猫が虐待されたのだ。

男は30代の会社員。

妻と2人の子供を持ちながら、動物虐待に手を染めていた。

神戸にある動物愛護団体では、ペットの虐待に関する情報を収集している。

虐待が疑われる飼主のリストを作成し、犬や猫を譲り渡さないよう、各地の愛護団体に呼び掛けている。

だが、なかなか被害は無くならないという。

いまネット上では、ペットを手放さざるをえない飼主達が、掲示板を使って里親を募集している。

こうした掲示板は、新たな飼主を幅広く探せるメリットがある一方、悪意のある引き取り手が紛れ込んでしまいやすいのだ。

去年秋、大阪にインターネットの掲示板を使って子猫を集めては次々に捨てる飼主がいるとの情報が、取材班にもたらされた。

動物保護のボランティア、山中美子(やまなか・よしこ)さんは、ブログをチェックしていたところ、近所の男性の記述に不審を抱いた。

掲示板で手に入れた子猫達の様子を公開しているのだが、1ヵ月もたつと、様々な理由で子猫たちがブログ上から姿を消してしまうのだ。

その数は、2年間で30匹。山中さんは、男性は子猫にすぐ飽きてしまい捨てていると疑いを強めていた。

ペットの飼育を放棄して捨てる行為は、動物愛護法で禁じられており、最高で50万円の罰金が科せられる。

山中さんは、男性に子猫を譲り渡した人たちと連絡を取り、ついに男性の居場所を突き止めた。

ボランティア仲間と一緒に訪問し、真相を問いただすことにした。

2時間に及ぶ追及の末、男性はついに猫を置き去りにしたことを告白。

山中さんはその全てを引き渡させた上で、二度と猫を集めないことを書面で誓約させた。

栃木県には、刑事告発された飼主も存在する。

告発した愛護団体に話を聞くと、この飼主は、ペットを飼えなくなった人たちから大事に面倒をみるというふれこみで、ペットを引き取っていたという。

餌や予防接種の代金などと称して3万円から最大30万円の手数料を徴収。

ところが、人気のある犬は転売していたとみられている。

そればかりか、売れない犬や猫は世話をせずに放置し、衰弱死させた疑いがもたれている。

近所の人達は、犬や猫が餌を満足に与えられず、弱っていく様子を度々目の当たりにしたという。

告発された内容は事実なのか。

取材班は、自宅に戻ってきた問題の男性に直接取材を申し込むことにした。

しかし、男性は「現在、ペットの引き取りはやめている」と繰り返すばかりであった。

現在、警察では、この男性の立件に向けて捜査が続いている。

安易な飼育 飼育放棄 虐待の構図が.......さらなる「悲劇の連鎖」を生んでいるといえる?


野良猫の悲劇 連続虐待事件 (2010/05/06 )
ペットの悲劇 気になる「イノキ」 (2010/01/16 )
ペットの悲劇 国境の悲劇 (2010/01/16 )
ペットの悲劇 仔犬志向の悲劇 (2010/01/16 )
ペットの悲劇 悲劇の連鎖 (2010/01/16 )
ペットの悲劇 安易な飼育 (2010/01/16 )
ペットの悲劇 (2010/01/09 )
救われる命 12/25 (2009/12/25 )
救われなかった命 (2009/12/25 )
「愛犬の生存権」はゴミ同然 (2009/12/14 )
買わなくても譲渡してもらうという方法も (2009/12/12 )
毎年おおよそ30万頭が殺処分されています。 (2009/12/12 )
命の現場 /写詭欧譴婿匕い燭 (2009/12/11 )
命の現場◆〇匕す場・・・悪質業者の闇 (2009/12/11 )
命の現場 最後の願い 殺処分の現実 (2009/12/11 )
違法業者の尻ぬぐいをして大量殺処分 (2009/12/10 )
救える命を救いたい!! (2009/12/06 )
愛犬・愛猫がごみになる瞬間 (2009/12/04 )
犬猫殺処分ゼロを目指して!! (2009/12/03 )
年間39万頭処分 不要ペット回収車 ドリームボックス (2009/11/25 )
動物愛護とボランティア詐欺 (2009/11/09 )
捨てられた犬猫の現実 (2009/11/08 )
ペットショップ従業員が「ブルセラ症」に感染!! (2008/09/29 )
ブルセラ症陰性犬のその後(完) (2007/07/21 )
大阪府は4/28、ブルセラ症陽性犬119匹を安楽死させていた。2 (2007/05/04 )
大阪府は4/28、ブルセラ症陽性犬119匹を安楽死させていた。 (2007/05/04 )
盗んだフレンチブルドッグ投げ落とした女に有罪判決 (2007/02/22 )
横浜での猫虐待目的の里親詐欺について (2007/01/17 )
恥知らずな似非愛護?  (2006/12/04 )
里親募集の実態 (2006/11/04 )
増える障害犬・宮若の大量放置事件1 (2006/06/22 )
生まれた総数の半分はどこへ (2006/06/17 )
商売優先の無計画な繁殖 (2006/06/16 )
幼齢犬の出荷・販売の問題 (2006/06/15 )
動物愛護議連と動愛法 (2006/06/14 )
space
Copyright © 2019 Buddy Dog's Society All Rights reserved.PowerdBy 簡単ホームページ作成:WIN-HP