ペット 横浜 犬 BuddyDogspace
ペット・犬・横浜・都筑 バディドッグ
TOP TOP
hr
TOP 犬の幼稚園犬の幼稚園
hr
TOP トリミングトリミング
hr
TOP ペットホテルペットホテル
hr
TOP しつけの壺しつけの壺
hr
TOP フードの壺フードの壺
hr
TOP 健康の壺 健康の壺 
hr
TOP 過去記事 1過去記事 1
hr
TOP 過去記事 2過去記事 2
hr
TOP 過去記事 3過去記事 3
hr
TOP 過去記事4過去記事4
hr
TOP 過去記事5過去記事5
hr
TOP 過去記事6過去記事6
hr
TOP 救える命救える命
hr
TOP 愛語・独言愛語・独言
hr
TOP 場所・散歩道場所・散歩道
hr
TOP publishpublish
hr
TOP お客様の声お客様の声
space
space
■TOP > 過去記事 1 > 繁殖業者の犬で「ブルセラ症」が集団発症 大阪 01月10日
こんばんは ゲスト さん ログイン
繁殖業者の犬で「ブルセラ症」が集団発症 大阪 01月10日 ( 2007/01/11 )
大阪府和泉市内の犬の繁殖販売業者で飼われていた犬が、人にも感染する「ブルセラ症」に集団感染した可能性がある。

と9日、分かり報道された。

大阪府は11日に犬の検査を実施するなど詳しい調査に乗り出すそうです。

現在、従業員から発症の報告はないという。

ブルセラ症は細菌により牛や豚、犬などの家畜に引き起こされる病気で、主にアフリカや中南米などで流行。

人への感染はまれだが、感染すると発熱や疲労などの症状が出るほか、心内膜炎を併発した場合には死亡するケースもある。

府によると、業者は約260匹の犬を飼育。

流産などブルセラ症の典型的な症状が多発していた。

昨年11月に動物病院で48匹を検査したところ19匹がブルセラ症と診断されたという。

その後、犬を隔離していたが、不十分だったため7割以上が感染した可能性もあるという。

業者は、今月6日に犬の所有権を放棄。

現在は和歌山県の動物愛護団体や元従業員らが犬の世話をしているそうです。

この業者が犬を虐待しているとの通報があり、府が昨年12月下旬に立ち入り検査。

虐待はなかったが、ブルセラ症感染について説明したという。

国内では2003年、静岡県の繁殖施設で犬が集団発症した事例がある。

昭和40年台までは年間約500件近くの発生が確認されている病気です。

ブルセラ病 病原体はBrucella abortus(牛)Brucella melitensis(羊・山羊)Brucella suis(豚)の三種

微好気性で患者・患畜の内臓諸器官、尿、血液・乳汁中に含まれる。

抵抗性は熱および消毒薬に対しては弱い。すなわち60℃6分、アルコールなどでは数分で死滅する。

滅菌牛乳中1ヶ月間、バター内25日間、泥水中25日間、飲料水中5〜6日間、砂土中20日間生存するという。

人には経口感染(病畜との接触)、経皮感染(病畜との接触)人から人への接触感染した事例もある。

牛・羊・山羊・豚についで人・猿・家兎・モルモット。まれに馬、犬、猫、どぶねずみなどにも感染します。

感染経路が気になりますね!
調査に乗り出すそうです。

現在、従業員から発症の報告はないという。

ブルセラ症は細菌により牛や豚、犬などの家畜に引き起こされる病気で、主にアフリカや中南米などで流行。

人への感染はまれだが、感染すると発熱や疲労などの症状が出るほか、心内膜炎を併発した場合には死亡するケースもある。

府によると、業者は約260匹の犬を飼育。

流産などブルセラ症の典型的な症状が多発していた。

昨年11月に動物病院で48匹を検査したところ19匹がブルセラ症と診断されたという。

その後、犬を隔離していたが、不十分だったため7割以上が感染した可能性もあるという。

業者は、今月6日に犬の所有権を放棄。

現在は和歌山県の動物愛護団体や元従業員らが犬の世話をしているそうです。

この業者が犬を虐待しているとの通報があり、府が昨年12月下旬に立ち入り検査。

虐待はなかったが、ブルセラ症感染について説明したという。

国内では2003年、静岡県の繁殖施設で犬が集団発症した事例がある。

昭和40年台までは年間約500件近くの発生が確認されている病気です。

ブルセラ病 病原体はBrucella abortus(牛)Brucella melitensis(羊・山羊)Brucella suis(豚)の三種

微好気性で患者・患畜の内臓諸器官、尿、血液・乳汁中に含まれる。

抵抗性は熱および消毒薬に対しては弱い。すなわち60℃6分、アルコールなどでは数分で死滅する。

滅菌牛乳中1ヶ月間、バター内25日間、泥水中25日間、飲料水中5〜6日間、砂土中20日間生存するという。

人には経口感染(病畜との接触)、経皮感染(病畜との接触)人から人への接触感染した事例もある。

牛・羊・山羊・豚についで人・猿・家兎・モルモット。まれに馬、犬、猫、どぶねずみなどにも感染します。

感染経路が気になりますね!


愛犬に振り回されない飼い主になるために!! (2008/11/11 )
毎日がパピーパーティのような、犬幼稚園 Buddy Dog (2008/03/05 )
便利ですか? 犬用スリングキャリー 05/29 (2008/03/05 )
犬好きというあなたへ。 (2007/07/15 )
Buddy Dogの重曹を使った掃除裏技!! (2007/07/15 )
ノミ・ダニ駆除剤は危険!!? (2007/07/15 )
獣医さんの処方食も副産物&副産物粉ってホント?? (2007/05/19 )
ペットフード リコール問題 中国が毒物混入を認めた (2007/05/15 )
ペットフード リコール問題さらに拡大 ロイヤルカナンがリコール ペットフードを拡大 (2007/05/15 )
野放しの極悪非道獣医師 獣医選びは飼い主の責任 (2007/05/09 )
ペットフード リコール問題さらに拡大 新たな懸念が浮上2 (2007/05/04 )
ペットフード リコール問題さらに拡大 新たな懸念が浮上 (2007/05/04 )
4/24 リコール製品により4,474匹のペットが死亡と報告されました。 (2007/04/25 )
ナチュラルバランス、ニュートロに続き 一部ペットフードのリコール開始 (2007/04/17 )
リコールペットフードが日本に上陸していた!! (2007/04/16 )
土佐犬に男性かまれ死亡 (2007/04/13 )
都筑区に、イケア港北、ららぽーと横浜、に次いで大型店Northport Mallがオープンします!! (2007/04/12 )
飼い主の責任 (2007/04/11 )
愛された犬は自分で死に時を決める、バービーちゃん(GR 4歳)の死 (2007/04/10 )
「三つ子の魂百までも」は、人間も犬も一緒なんですね。 (2007/04/09 )
死亡件数拡大 ペットフードリコール品の追加 FDA (2007/04/07 )
ティーカップバーニーズ出現か? (2007/04/06 )
ペット相次ぐ死で中国産小麦製品の輸入停止 米国 (2007/04/05 )
リコールペットフードからプラスチック原料検出 (2007/04/02 )
FDAが「アイムス」「ユーカヌバ」に警告書 発行 03/30 (2007/03/31 )
今日の犬幼稚園 お客様の声 03/30 (2007/03/30 )
大阪 「毒入りちくわ」食べて犬が死ぬ 「近所迷惑」と封書も (2007/03/29 )
ペットフードの次は、犬用おやつ。米国でリコール開始 (2007/03/28 )
2006年にペットが家庭内で中毒した危険物 トップ10 米国 (2007/03/26 )
キシリトールは犬にとっては有害 (2007/03/26 )
ペットフードに殺鼠剤の混入が判明 (2007/03/25 )
ペットフードのリコール商品拡大 (2007/03/24 )
ペットフードの動物実験?残酷物語 それでもあなたは・・・・ (2007/03/24 )
悪質獣医師に賠償命令 獣医選びは飼い主の責任 (2007/03/23 )
ブルセラ病集団感染で実況見分 (2007/03/22 )
ペットフードを食べたイヌやネコが約10頭が死亡? (2007/03/20 )
実は無法地帯?やりたい放題! (2007/03/19 )
人間の食べ物を与えてはいけない? (2007/03/18 )
ブルセラ症 陰性の犬、和泉→羽曳野 116匹譲渡先探すことに (2007/03/17 )
粗悪なフードでも売れるのはナゼ? (2007/03/15 )
犬の犬嫌いは犬に直してもらおう!!2 (2007/03/12 )
犬の犬嫌いは犬に直してもらおう!! (2007/03/12 )
どこまで知ってる?ノミ・ダニ (2007/03/11 )
アメリカ獣医師のペットフードに関する考え Report vol.2 (2007/03/02 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.16(end) (2007/03/02 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.15 (2007/03/02 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.14 (2007/02/28 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.13 (2007/02/27 )
Luckyが犬を知る学習会に参加しました。 (2007/02/16 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.11 (2007/02/14 )
1    2    3    
space
Copyright © 2019 Buddy Dog's Society All Rights reserved.PowerdBy 簡単ホームページ作成:WIN-HP