ペット 横浜 犬 BuddyDogspace
ペット・犬・横浜・都筑 バディドッグ
TOP TOP
hr
TOP 犬の幼稚園犬の幼稚園
hr
TOP トリミングトリミング
hr
TOP ペットホテルペットホテル
hr
TOP しつけの壺しつけの壺
hr
TOP フードの壺フードの壺
hr
TOP 健康の壺 健康の壺 
hr
TOP 過去記事 1過去記事 1
hr
TOP 過去記事 2過去記事 2
hr
TOP 過去記事 3過去記事 3
hr
TOP 過去記事4過去記事4
hr
TOP 過去記事5過去記事5
hr
TOP 過去記事6過去記事6
hr
TOP 救える命救える命
hr
TOP 愛語・独言愛語・独言
hr
TOP 場所・散歩道場所・散歩道
hr
TOP publishpublish
hr
TOP お客様の声お客様の声
space
space
■TOP > 過去記事 1 > 頑張りすぎる愛犬 僕が家族を守る!!
こんにちは ゲスト さん ログイン
頑張りすぎる愛犬 僕が家族を守る!! ( 2006/09/19 )
Buddy Dogでは、愛犬とオーナーのための『犬の幼稚園』で育て方、しつけ、そして問題行動のカウンセリングなどを行っています。

それ以外にも様々な相談を受けます。

相談内容は、犬のトイレトレーニングや咬みつき抑制について、怖がり、散歩時の引っ張り、吠え、飛びつき、留守番、言うことを聞かない、攻撃性、などが代表的です。

それらの行動を起こす原因は実は1つではなくケースバイケースで、トレーニングにもいろんなパターンがあります。

【Aくんの実例】

Aくんは2才です。

とっても明るくて元気な愛犬です。ところが、オーナーは、少しAくんのことで悩んでいました。

じつはAくん、最近よく歯をむいてうなるんです。おまけにここ1ヶ月で3回家族を咬んでしまいました。

『まさか、愛犬に咬まれるなんて・・。』とママは非常にショックを受けています。

ママは、散歩の後いつものように足をタオルで拭こうとしただけなのです。

ウッーっと歯を剥いたかと思えば、一瞬でカプッと腕を咬み、その後はケロッとしています。

後の2回は、ブラッシングしようとした時に咬まれてしまいました。

ママによると、Aくんは仔犬のときから手がかからず、トイレもすぐ覚えたし、『オスワリ』も言わなくても自分からするということでした。

咬むこと以外に気になることは、散歩中他の犬に向かって吠えて興奮することで、どうもAくんは自分で自分のことを人間と思っているらしく、犬が嫌いだということでした。

ちなみにAくん、幼稚園ではおとなしくスタッフのされるがままです。

お腹も見せてくれるし、トリミングも大丈夫です。

ママは、何でAくんが自分を咬んだのかさっぱり見当も付かないようです。

皆さんは、Aくんの咬む理由、想像できますか?

実は、Aくん、頑張りすぎていたのです。

トイレもすぐ覚えたし、特にしつけの必要性を実感しなかったことが裏目に出て、今まで何もしつけらしいことはされていませんでした。

Aくんは家の中の好きなところを自由に行き来し、お気に入りの場所を自分で決め、ご飯の時間になると吠えてママに教えていたのです。

Aくんからしてみれば、家族の誰も自分に何をしたらよいのか教えてくれないので、自分で思うように行動してきたにちがいありません。

家族が頼りないから、自分がしっかりしたリーダーにならないと群れが滅びてしまうと思って頑張っていたのかもしれません。

小さいときにあまり他の犬と触れ合う機会がなかったせいで、本当は他の犬が怖いのに、オーナーが頼りないから追い払うために吠えていたのかもしれません。

Aくん、そんなに頑張らなくてもいいんだよ。

Aくんの代わりに家族のみんなにもっと頑張ってもらうことにしました。

接し方のルールを決め、Aくんの要求に応える関係から、オーナーが要求してAくんが応える関係を目指しました。

コマンドにきちんと従えるように、そして『喜んでコマンドをききたくなる』ようなトレーニングを日常に組み入れてもらいました。

それとストレスをためないよう、運動量も増やしてもらいました。

重要なのはオーナーが、Aくんから信頼されて頼られるような、人になればよいのです。

試行錯誤の3ヶ月が経過して、ふと気が付くとママはあれ以来、Aくんに咬まれていません。

歯をむくこともずいぶん少なくなってきました。

ようやくAくんと家族との関係が本来の形に近づいてきたのです。

しつけに終わりはありません。

犬と暮らす以上、常に家族は犬に頼られる存在でないと、どちらもストレスを抱え込んでしまうことになります。

愛犬はAくんのように頑張りすぎていませんか?
愛犬に振り回されない飼い主になるために!! (2008/11/11 )
毎日がパピーパーティのような、犬幼稚園 Buddy Dog (2008/03/05 )
犬好きというあなたへ。 (2007/07/15 )
Buddy Dogの重曹を使った掃除裏技!! (2007/07/15 )
ノミ・ダニ駆除剤は危険!!? (2007/07/15 )
獣医さんの処方食も副産物&副産物粉ってホント?? (2007/05/19 )
ペットフード リコール問題 中国が毒物混入を認めた (2007/05/15 )
ペットフード リコール問題さらに拡大 ロイヤルカナンがリコール ペットフードを拡大 (2007/05/15 )
野放しの極悪非道獣医師 獣医選びは飼い主の責任 (2007/05/09 )
ペットフード リコール問題さらに拡大 新たな懸念が浮上2 (2007/05/04 )
ペットフード リコール問題さらに拡大 新たな懸念が浮上 (2007/05/04 )
4/24 リコール製品により4,474匹のペットが死亡と報告されました。 (2007/04/25 )
ナチュラルバランス、ニュートロに続き 一部ペットフードのリコール開始 (2007/04/17 )
リコールペットフードが日本に上陸していた!! (2007/04/16 )
土佐犬に男性かまれ死亡 (2007/04/13 )
飼い主の責任 (2007/04/11 )
愛された犬は自分で死に時を決める、バービーちゃん(GR 4歳)の死 (2007/04/10 )
「三つ子の魂百までも」は、人間も犬も一緒なんですね。 (2007/04/09 )
死亡件数拡大 ペットフードリコール品の追加 FDA (2007/04/07 )
ペット相次ぐ死で中国産小麦製品の輸入停止 米国 (2007/04/05 )
リコールペットフードからプラスチック原料検出 (2007/04/02 )
FDAが「アイムス」「ユーカヌバ」に警告書 発行 03/30 (2007/03/31 )
今日の犬幼稚園 お客様の声 03/30 (2007/03/30 )
大阪 「毒入りちくわ」食べて犬が死ぬ 「近所迷惑」と封書も (2007/03/29 )
ペットフードの次は、犬用おやつ。米国でリコール開始 (2007/03/28 )
2006年にペットが家庭内で中毒した危険物 トップ10 米国 (2007/03/26 )
キシリトールは犬にとっては有害 (2007/03/26 )
ペットフードに殺鼠剤の混入が判明 (2007/03/25 )
ペットフードのリコール商品拡大 (2007/03/24 )
ペットフードの動物実験?残酷物語 それでもあなたは・・・・ (2007/03/24 )
悪質獣医師に賠償命令 獣医選びは飼い主の責任 (2007/03/23 )
ブルセラ病集団感染で実況見分 (2007/03/22 )
ペットフードを食べたイヌやネコが約10頭が死亡? (2007/03/20 )
実は無法地帯?やりたい放題! (2007/03/19 )
人間の食べ物を与えてはいけない? (2007/03/18 )
ブルセラ症 陰性の犬、和泉→羽曳野 116匹譲渡先探すことに (2007/03/17 )
粗悪なフードでも売れるのはナゼ? (2007/03/15 )
犬の犬嫌いは犬に直してもらおう!!2 (2007/03/12 )
犬の犬嫌いは犬に直してもらおう!! (2007/03/12 )
どこまで知ってる?ノミ・ダニ (2007/03/11 )
アメリカ獣医師のペットフードに関する考え Report vol.2 (2007/03/02 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.16(end) (2007/03/02 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.15 (2007/03/02 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.14 (2007/02/28 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.13 (2007/02/27 )
Luckyが犬を知る学習会に参加しました。 (2007/02/16 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.11 (2007/02/14 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.10 (2007/02/11 )
美しい国を逆さに読むと「憎いし苦痛」こんな国、民族だったのか? (2007/02/09 )
繁殖業者の犬で「ブルセラ症」が集団発症 その後(改訂) (2007/02/07 )
1    2    3    
space
Copyright © 2023 Buddy Dog's Society All Rights reserved.PowerdBy 簡単ホームページ作成:WIN-HP