ペット 横浜 犬 BuddyDogspace
ペット・犬・横浜・都筑 バディドッグ
TOP TOP
hr
TOP 犬の幼稚園犬の幼稚園
hr
TOP トリミングトリミング
hr
TOP ペットホテルペットホテル
hr
TOP しつけの壺しつけの壺
hr
TOP フードの壺フードの壺
hr
TOP 健康の壺 健康の壺 
hr
TOP 過去記事 1過去記事 1
hr
TOP 過去記事 2過去記事 2
hr
TOP 過去記事 3過去記事 3
hr
TOP 過去記事4過去記事4
hr
TOP 過去記事5過去記事5
hr
TOP 過去記事6過去記事6
hr
TOP 救える命救える命
hr
TOP 愛語・独言愛語・独言
hr
TOP 場所・散歩道場所・散歩道
hr
TOP publishpublish
hr
TOP お客様の声お客様の声
space
space
■TOP > 過去記事 1 > あなたの過保護がモンスター犬をつくる!!
こんばんは ゲスト さん ログイン
あなたの過保護がモンスター犬をつくる!! ( 2006/11/23 )
kind.gif

あなたは愛犬がどんないきものなのか知っていますか?

生後4ヶ月半までに咬みつきの抑制が、子犬のしつけではもっとも大切な事柄です。

「咬みつきの抑制が信用できないイヌと暮らすのは不快で危険なことです。」

ですから、咬みつきの抑制は絶対に幼犬期に身につけさせなければなりません。

咬みつきの抑制ができないまま成犬を迎えてしまった犬を矯正することは非常に難しく、危険なことです。

ですから咬む力が弱い子犬のうちに、確実に教えることが大切なのです。

仔犬と暮らし始めたばかりの新米オーナーの手を見ると、仔犬の歯が当たってできたと思われる細かい傷がたくさんできていることがあります。

かわいい仔犬と夢中になって遊んでいるうちに、針のように鋭い歯が当たり傷ついてしまったのでしょう。

仔犬の遊びは、ほとんどが口を使ったものです。

これは人間との遊びであっても、犬同士の遊びであっても同じです。

しかしこれはあくまでも遊びなので、仔犬は本気で相手を咬むことはありません。

ソフトに、甘えるように咬むことから、一般的に「甘咬み」と呼ばれています。

ある動物学者は、この仔犬が咬みつくという行為を「正常かつ自然であり、なくてはならない仔犬の行動」と言っています。

しかしこれまで日本で紹介されてきたほとんどのしつけ法では、咬むという行為はすべて悪であり、たとえそれが甘咬みであったとしても許してはいけないとされてきました。

しかし仔犬に「咬むことを禁止する」のではなく「安全な咬み方を教える」というものなのです。

この理論は、これまで仔犬の生態を観察・研究してきた経験に基づいて考えられたものです。

「咬みつき遊びによって子イヌは咬みつきの抑制と甘咬みを発達させます。

子イヌが咬みついて相手から適切な対応を受ければ受けるほど、安心できる成犬になります。

一方、子イヌの時にマウズィング(舐めるように咬むこと)も咬みつきもしなかった子イヌのほうが、成犬になって咬みついた時相手に深刻な傷を負わせる可能性は高くなります。

つまり、咬みついたことがなければ、自分の歯が相手に対してどれほどの痛手を与えるのか、どの程度の強さで咬まれると痛いのかということが学習できないと考えているのです。

成犬になってからも、犬はお互いに咬みつき合って、まるでケンカをしているかのように遊ぶことがあります。

しかしほとんどの場合、双方の犬に傷ができることはありません。

これはこの犬たちが、どんなに我を忘れた状況であっても、相手に傷を負わせないように口を上手に使っているからです。

このことを「咬みつきの抑制ができた状態」と言います。

そしてこの「咬みつきの抑制」を仔犬に教えることが、オーナーにとってもっとも重要な義務と位置付けています。

仔犬の咬む力が強くなる生後4ヶ月までには、確実に「口を使うマナー」を教えておかなければなりません。

「どんなときでも絶対に咬まないようにしつければいいじゃないか」と考える人もいるでしょう。

しかしそれは現実的ではありません。

いかにおとなしい犬であっても、突然脅されたり挑発されたりすると、とっさに思わぬ反応をすることがあります。

十分に社会性がある犬でも、それは起こり得ることです。

正しい知識をもって愛犬との共生をもっと楽しみませんか?

Buddy Dog 犬幼稚園は愛犬の性格を考えながら、無理せず、あきらめず、
一歩ずつ、オーナーと愛犬の関係をつくり直すことをサポートします。

anixmas.gif
1115.gif
愛犬に振り回されない飼い主になるために!! (2008/11/11 )
毎日がパピーパーティのような、犬幼稚園 Buddy Dog (2008/03/05 )
便利ですか? 犬用スリングキャリー 05/29 (2008/03/05 )
犬好きというあなたへ。 (2007/07/15 )
Buddy Dogの重曹を使った掃除裏技!! (2007/07/15 )
ノミ・ダニ駆除剤は危険!!? (2007/07/15 )
獣医さんの処方食も副産物&副産物粉ってホント?? (2007/05/19 )
ペットフード リコール問題 中国が毒物混入を認めた (2007/05/15 )
ペットフード リコール問題さらに拡大 ロイヤルカナンがリコール ペットフードを拡大 (2007/05/15 )
野放しの極悪非道獣医師 獣医選びは飼い主の責任 (2007/05/09 )
ペットフード リコール問題さらに拡大 新たな懸念が浮上2 (2007/05/04 )
ペットフード リコール問題さらに拡大 新たな懸念が浮上 (2007/05/04 )
4/24 リコール製品により4,474匹のペットが死亡と報告されました。 (2007/04/25 )
ナチュラルバランス、ニュートロに続き 一部ペットフードのリコール開始 (2007/04/17 )
リコールペットフードが日本に上陸していた!! (2007/04/16 )
土佐犬に男性かまれ死亡 (2007/04/13 )
都筑区に、イケア港北、ららぽーと横浜、に次いで大型店Northport Mallがオープンします!! (2007/04/12 )
飼い主の責任 (2007/04/11 )
愛された犬は自分で死に時を決める、バービーちゃん(GR 4歳)の死 (2007/04/10 )
「三つ子の魂百までも」は、人間も犬も一緒なんですね。 (2007/04/09 )
死亡件数拡大 ペットフードリコール品の追加 FDA (2007/04/07 )
ティーカップバーニーズ出現か? (2007/04/06 )
ペット相次ぐ死で中国産小麦製品の輸入停止 米国 (2007/04/05 )
リコールペットフードからプラスチック原料検出 (2007/04/02 )
FDAが「アイムス」「ユーカヌバ」に警告書 発行 03/30 (2007/03/31 )
今日の犬幼稚園 お客様の声 03/30 (2007/03/30 )
大阪 「毒入りちくわ」食べて犬が死ぬ 「近所迷惑」と封書も (2007/03/29 )
ペットフードの次は、犬用おやつ。米国でリコール開始 (2007/03/28 )
2006年にペットが家庭内で中毒した危険物 トップ10 米国 (2007/03/26 )
キシリトールは犬にとっては有害 (2007/03/26 )
ペットフードに殺鼠剤の混入が判明 (2007/03/25 )
ペットフードのリコール商品拡大 (2007/03/24 )
ペットフードの動物実験?残酷物語 それでもあなたは・・・・ (2007/03/24 )
悪質獣医師に賠償命令 獣医選びは飼い主の責任 (2007/03/23 )
ブルセラ病集団感染で実況見分 (2007/03/22 )
ペットフードを食べたイヌやネコが約10頭が死亡? (2007/03/20 )
実は無法地帯?やりたい放題! (2007/03/19 )
人間の食べ物を与えてはいけない? (2007/03/18 )
ブルセラ症 陰性の犬、和泉→羽曳野 116匹譲渡先探すことに (2007/03/17 )
粗悪なフードでも売れるのはナゼ? (2007/03/15 )
犬の犬嫌いは犬に直してもらおう!!2 (2007/03/12 )
犬の犬嫌いは犬に直してもらおう!! (2007/03/12 )
どこまで知ってる?ノミ・ダニ (2007/03/11 )
アメリカ獣医師のペットフードに関する考え Report vol.2 (2007/03/02 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.16(end) (2007/03/02 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.15 (2007/03/02 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.14 (2007/02/28 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.13 (2007/02/27 )
Luckyが犬を知る学習会に参加しました。 (2007/02/16 )
アメリカのペットフードに関するReport Vol.11 (2007/02/14 )
1    2    3    
space
Copyright © 2019 Buddy Dog's Society All Rights reserved.PowerdBy 簡単ホームページ作成:WIN-HP