ペット 横浜 犬 BuddyDogspace
ペット・犬・横浜・都筑 バディドッグ
TOP TOP
hr
TOP 犬の幼稚園犬の幼稚園
hr
TOP トリミングトリミング
hr
TOP ペットホテルペットホテル
hr
TOP しつけの壺しつけの壺
hr
TOP フードの壺フードの壺
hr
TOP 健康の壺 健康の壺 
hr
TOP 過去記事 1過去記事 1
hr
TOP 過去記事 2過去記事 2
hr
TOP 過去記事 3過去記事 3
hr
TOP 過去記事4過去記事4
hr
TOP 過去記事5過去記事5
hr
TOP 過去記事6過去記事6
hr
TOP 救える命救える命
hr
TOP 愛語・独言愛語・独言
hr
TOP 場所・散歩道場所・散歩道
hr
TOP publishpublish
hr
TOP お客様の声お客様の声
space
space
■TOP > 健康の壺 
こんばんは ゲスト さん ログイン
Dog's health



飼い主の責任

愛犬の健康に関しては、『知らなかった』では済まされないことが多すぎます。
しかし、『知る機会が無かった』というのも事実でしょう。
これからは、家族の一員として迎えた『命』を守るという意味で、健康管理に注意をして下さい。
健康管理まずそれが飼い主として最低限の責任だと思います。
今現在の愛犬が健康に見えていれば、そんな知識など必要ないと思っている方も多いでしょう。
自分の周りに苦しんでいる愛犬がいなければ分からないものです。
園長はついこの前まで元気だった子が、ある日突然体調を壊すのをたくさん見て来ています。
そして次の日から獣医さんへ通い詰めて、手術をしたり、薬漬けになってみたり、点滴を受け続けるといった日々を送り、苦しみながら亡くなる愛犬がいることを知っていて下さい。




愛犬は大切な家族の一員。そう考える飼主さんにとって、愛犬の避妊・去勢の肯否は避けては通れない問題といえるでしょう。「子どもを産ませる気がないなら、避妊させた方がいいのでは?」「でも、健康な体にメスを入れるのはかわいそう」「避妊や去勢させていると、病気になりにくいってホント?」など、さまざまな思いや情報に混乱されている方も多いのではないでしょうか。



●どこまで知ってる?ノミ・ダニ




ノミ・ダニの季節



2008-06-11迷い犬を保護し、犬幼稚園に連れて来られた犬に寄生していたダニ


どこまで知ってる?ダニ

Q1 ダニとノミは同じ昆虫である

答え)ノミは昆虫だがダニは昆虫ではない

Q2 代表的なダニ類。肉眼で見える大きさのダニは?

答え)マダニ類

マダニの大きさは未吸血時で約2〜3.2mm。ところが吸血後は小豆大の大きさまで膨らむこともあります。

Q3 マダニは1回にどのくらいの量の血液を吸う?

答え)マダニの体重の約100倍以上

血を吸ったマダニは、飼い主さんにイボなどのできものに間違われることもあります。

Q4 マダニがもたらす病気は?

答え)バベシア症

バベシア症はダニが媒介する病気の一つです。バベシアとは原虫の一種で動物の赤血球内に寄生します。

バベシア症では感染赤血球は破壊されてしまうため、重度の貧血が見られることがあります。

発熱、嘔吐なども見られ、重度になると生命に関わるため、マダニの多い地域は予防をしっかりとしておきましょう。

Q5 マダニ予防のボディチェック、どこを中心に見ればいい?

答え)顔周り

ダニが動物の体にいる場合では、ダニにも好みの場所があるようです。

ダニは蚊と同じように管状の口を皮膚に差し込んで吸血します。

そのため、比較的に毛の少なく皮膚がやわらかい部位で吸血している事が多いです。

ダニはノミと異なり、いったん吸血すると体を動き回って吸血場所を変えることはまれです。

特に顔周り(まぶた、耳、下あご、口のまわり)、胸、お腹のまわり、内股、肛門付近、指の間やパッドの間を注意して見てあげてください。

Q6 マダニが体についているのを発見!さあどうする!?

答え)動物病院へ

ダニはしっかりと体に食いついているため、無理に引き離すとかえって逆効果になる事があります。

例えば、ダニを無理に引っ張ってダニの口が皮膚内に残ってしまうと、炎症が残ることもあります。

ダニがまだ吸血せず、動き回っている場合には速やかにとってあげてください。

吸血しているダニを見つけた場合には動物病院に相談するか、連れて行ってあげてください。

飼主さん!ノミダニ予防も忘れずにお願いしますね。

ノミ・ダニ予防には何を利用していますか?

動物病院で駆除薬という方が大半ではないでしょうか。

ノミ・ダニがついている場合は使用せざるを得ないと判断しますが...

犬の首に垂らすようなノミ・ダニ駆除剤は、殺虫剤の農薬成分でできています。

殺虫剤でなければ、ノミやダニが死ぬはずがありませんが、なぜか犬に安全な成分といわれています。

説明書の警告を見ても、人間の手についたらすぐに洗い流す必要があるものを、犬の体につけること、1か月以上も効果があることは問題が多いと考えるほうが自然ではないでしょうか。

実際に、ノミダニ駆除剤の使用をやめて、皮膚炎や湿疹、フケ症が治った犬、肝臓の数値が標準値に戻った愛犬たちはたくさんいます。


マダニの恐怖が、日本全国に拡大中!



バベシア感染症の恐怖!

「バベシア感染症」というのは、あまり耳慣れない方も多いかもしれません。

 というのも、普段めったに見ない病気ですので、獣医さんでもバベシア感染症を連想しにくい状況だそうです。

 しかし、バベシアという原虫が赤血球に感染すると溶血性貧血を発症し、重い場合は、死亡します。

 バベシア原虫には2種類(カニス、ギブソニ)存在しますが、それぞれマダニによって媒介します。

 近年の交通網の発達や高速料金の減額などによって、愛犬をつれて移動する範囲が広がり、最近、日本全国でバベシア感染が確認されています。

 バベシア感染症の治療は、バベシアの増殖を少しでも抑え、症状を緩和させて犬の体力回復を待つという方法が一般的ですが、マダニ予防をしっかりと行うことで、バべシアの感染を予防することが一番だそうです。

 バベシア感染症は、もう西日本の病気ではなく、全国的に広がっていると、考える必要があるといわれています。
 
 バベシア感染の予防については、「 ダニが寄生( と思われる)したら、すぐに薬剤などで駆虫する、遅くとも2、3日以内に 」と言われています。

 ペットのためだけではなく、私たち人間のためにもマダニへの予防対策が必要です。

  ☆天然の素材『 Buddyのヒノキミスト 』がノミ・ダニ・蚊を簡単に寄せ付けない。


ノミやダニ対策に薬を使わない天然の防虫剤が



愛犬・愛猫に寄生しやすいノミやダニ!

  ノミやダニの中には病原体が潜んでいることはご存知だと思います。

  しかし、なかなか知られていないのが動物から人へ感染する病原菌が潜んでいること

  愛犬・猫にはノミ・マダニから薬を使い駆除しますが、人は何の対策を打ちません。

  本当は、飼主もノミ・ダニの対策を必要とします。

  だからといって、再び殺虫剤や防虫剤を使用すると愛犬・猫への影響は・・・

  さらに、飼主への影響も考えると・・・

  飼主や愛犬・猫にやさしい天然の防虫剤が必要だと思いませんか? 

  ☆天然の素材『 Buddyのヒノキミスト 』がノミ・ダニ・蚊を簡単に寄せ付けない。








1    2    3    4    5    6    7    8    9    10     次に・・

1.1
2.●どうしたら良い獣医師を見極められるでしょうか?
3.●去勢・避妊は飼主として責任ある判断をしよう
4.●予防は治療に勝る
5.●なぜ狂犬病の予防注射が必要なのか?
6.●犬の追加ワクチン接種について
7.●どこまで知ってる?ノミ・ダニ
8.●フィラリアにかかったら誰が悪い?
9.●愛犬・猫もうんちの状態が元気のバロメーター!
10.●大切な愛犬は何でも食べる!?
11.●愛犬がこんな症状の場合は?
12.●ズーノーシス予防
13.●愛犬の食物アレルギー
14.●愛犬の皮膚や被毛が脂っぽい、べたついている。
15.●愛犬の皮膚炎・湿疹や脱毛!!
16.●Lucky供血のため出動!!
17.●雨の日は愛犬も運動不足……?
18.●春期の健康管理
19.●夏期の健康管理
20.●秋期の健康管理
21.●冬期の健康管理
22.●大切な愛犬のシニアライフ
23.●愛犬の肥満
24.園長 お薦めサイト(健康)
25.動物病院関連動画 多発するペットの医療トラブル
26.LEIちゃん 卵巣子宮摘出術
27.愛犬の咳
28.愛犬の咳?
space
Copyright © 2019 Buddy Dog's Society All Rights reserved.PowerdBy 簡単ホームページ作成:WIN-HP